壁穴レス急|破損壁紙再利用の施工事例

お見積ボタン

低価格修理の落とし穴…。 東京都新宿区

東京都 新宿区

  • 種類:破損壁紙再利用
  • 建物形態:店舗・事務所
  • 箇所:廊下

施工金額:16,980円(税別)

施工所要時間:約01時間30分

※施工所要時間については事前の現地打ち合わせ、天候、季節によって多少の誤差がございます。

項目金額
■ 下地補強・石膏ボード部分交換・パテ処理・壁紙施工 16,980円
今回の壁穴修理のご依頼は飲食店様でしたが、
過去に壁穴修理をご依頼されました先は、低価格を売りにしました業者さんだったそうです。
しかし修理にお伺いしますと、実際このようなケースは多々お目にかかります。やはり低価格を重視されます業者さんに対しては、それなりの覚悟は必要になってくるかと思います。取り合えず穴が塞がっていればいいとの事であれば、安いに越したことも無いかと思いますし…。
逆にハウスメーカーさんや、大手リフォーム業者さんなど壁穴修理に対し、高額なお見積もりを提示されます業者さんに関しましては、実際高額であればあるほど施工されます職人さんは、激安価格での対応になるケースは少なくありません。なので、施工価格と仕上がりは必ずしも一致しないのがこの業界かと思います。
スマホから電話
スマホから電話
事前診断

施工前の状態です。

1582812295.jpg

床に養生をします。

↑先頭へ
1582812387.jpg

破損カ所付近にはっきりと四角く修理跡が出ていました。

他にもパテ処理で対応された結果こんな膨らみが…。

↑先頭へ
1582812519.jpg

ちなみにこちらの店舗様には、このようなカ所が何カ所かありました。

壁紙を丁寧に剥がします。

↑先頭へ
1582812837.jpg

壁穴の中に手を指し込み、中で石膏ボードがどれくらい破損しているかを確認したうえで壁紙を剥がす位置を決めます。そして慎重に壁紙を剥がしていきます。

破損している石膏ボードをカットします。

↑先頭へ
1582813066.jpg

カットしました中の左に見えてますシルバーの物は、軽量の鉄骨になります。

下地材をビスとボンドを使ってしっかりと固定します。

↑先頭へ
1582813138.jpg

同じ厚みの石膏ボードをビスとボンドを使って固定します。

↑先頭へ
1582813261.jpg

9.5mm厚の石膏ボードを使って施工しました。

パテ処理をします。

↑先頭へ
1582813517.jpg

基本パテは2~3回仕上げとなります。

ペーパー処理をします。

↑先頭へ
1582813648.jpg

パテはドライヤーを使ってしっかり乾かした後、ペーパー処理をします。

壁紙専用のクロス糊を付けます。

↑先頭へ
1582813865.jpg

スポンジを使って均等に糊を付けていきます。

施工前の状態です。

↑先頭へ
1582813989.jpg

壁紙を丁寧に元の位置に戻したら完成です。

↑先頭へ
1582813926.jpg
ご近所に知られずご訪問可能
お見積ボタン
スマホから電話
スマホから電話
事前診断
出張サービスエリア»東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋